HOME > 治療案内 > インプラント

治療案内

インプラント

インプラント治療について

implant_img01.jpg 従来の治療では、入れ歯やブリッジを装着するために、健康な隣接歯を削って金具やブリッジを固定していました。
しかし、インプラントは、むし歯や歯周病などによって失われた歯の欠損部に、インプラントを埋め込み、自然の状態まで回復させる治療法ですので、隣接する健康な歯を削ることなく、天然の歯と同じような自然な感覚が戻るとともに、しっかり噛めるようになります。

入れ歯などでは感じられなかった「笑う・噛む・味わう・話す」といったことが、再び得られる喜びを貴方も実感してみませんか?

当院では、世界で広く使われており、信頼性の高いリプレイス・インプラントおよびスプラインインプラントを使用し、常に安全を意識した治療を行なっています。
またインプラント埋入手術は、各インプラント・システム認定医の資格を持つ歯科医師が担当しますが、特殊手術を要するケースや難しいケースなどに関しては、提携するインプラントセンターよりインプラント専門医が来院し、より安全なインプラント手術を行なっております。

implant_img02.jpg インプラントでのトラブルはほとんどの場合、術前の診断不足です。
通常のレントゲンでは、平面的な画像での診断になり、骨幅(奥行き)は測定できないため、推測で手術を行うことになります。

当院では歯科用CTで事前に骨の厚みや神経の走行を確認したうえで手術を行っています。
インプラントは高度治療のため、手術を行なう歯科医師の経験が大切です。

無料の相談&要望窓口



インプラント治療のながれについて

インプラント治療は、(1)カウンセリング→(2)診査/診断を経て適切な治療計画をもとに手術を行っていきます。
手術は患者さんの骨の状態などから、「1回法」または「2回法」のどちらかを行ないます。

手術の時間は、単独歯であれば20~40分程度です(入院の必要はありません)。また歯が全く無い総入れ歯の方でも、インプラントを4~6本入れる特殊手術(all-on-4/6)で、噛める状態に回復することも可能です。

麻酔・切開 ドリリング 埋入手術 縫合 人工歯の取り付け
麻酔・切開 ドリリング 埋入手術 縫合 人工歯の取り付け
局部麻酔を行ってから歯ぐきを切開していきます。 ドリルでインプラントを入れる穴を開けます。 インプラント体をゆっくりと埋め込みます。 埋入後に切開した歯ぐきを縫合していきます。 アバットメント上に人工歯を装着して完了です。
※ イラストは顎の断面図ですが、実際のオペでは開きません。
※ 模型やレントゲンなどによる検査と治療の説明を行い納得いただいてからインプラントの埋入手術を行います。
※ インプラントは通常、埋入してから顎骨とインプラントがしっかり結合するまでは約4週間~数ヶ月を要します。
※ インプラントは、定期的なメインテナンス(医院でのケア)を行うことで、長く使い続けることができます。

インプラント治療の症例について

当院で行なったインプラント手術の中から、主な症例をご紹介します。
当院では、豊富な実績から様々な治療例をデジタルカメラだけでなく、ビデオなどでも撮影しているのですが、一般の方が見るには強烈なシーンなどもありますので、術前・術後の写真のみをご紹介します。
ご自身の症状と照らし合わせ、治療後どのような状態になるかイメージしてみるのも良いかもしれません。

After Before 【Case1】下顎臼歯部(1本埋入)
左下奥歯の金属冠が外れたということで来院。う蝕が進んでおり保存は不可能な状態でした。
抜歯後の治療方法を相談したところ、ブリッジは両隣の健康な歯を削るので避けたいということでインプラント治療を行ないました。

After Before 【Case2】上顎前歯部(1本埋入)
前歯表面が、う蝕により象牙質まで侵食していたため、差し歯か部分義歯という提案をいたしました。
しかし、美味しく食べたいということでインプラントを埋入し、セラミックによる補綴を行ないました。

After Before 【Case3】下顎臼歯部(2本埋入)
就職を控えて、気持ちよい笑顔に戻りたいということで来院されました。
問診・視診によると、むし歯が10代より酷く失ったとのことでしたが、検査により骨は厚も十分でしたので、2本のインプラントを埋入し、セラミックのブリッジで補いました。

After Before 【Case4】上顎前歯部(3本埋入)
前歯を土台として3本のブリッジにしていましたが土台としていた歯も虫歯で痛んでしまったので、インプラント治療を行いました。
噛み切る圧力も考え3本のインプラントを埋め込み、上部にはインプラント用ブリッジを装着しました。


インプラント費用

インプラント治療費用は、一般的にトータルで1本28万円~50万円程度は必要となります。
医院によっては20万円程度と提示しているところもありますが、高度医療は値段ではなく確かな技術が重要です。
術料が安くても、臨床経験が不足している医院では、結果として高くつく場合も考えられます。

なおインプラント治療は『医療費控除』や『高額療養費制度』の対象となります。両制度についての詳細は、お近くの税務署などにご相談ください(当院に質問されても、お答えはできませんので)。

当院では難症例の場合でも、宇都宮インプラント・センターとの連携で高度で安全な治療が受けられます。ご質問になどがありましたら、お気軽にご相談ください。

無料の相談&要望窓口


メニュー 詳細 治療費用(税別) 備考
インプラント埋入手術
(上部構造を含む)
280,000円~ 1本につき被せ物の料金を含んだ手術から歯が入るまでの料金
特殊手術 GBR 64,800円~ 不足している骨を増やす手術
ソケットリフト 86,400円~ 上顎の骨を押し上げる手術
スプリット 86,400円~ 骨の幅を広げる手術
サイナスリフト 216,000円~ 上顎の骨に厚みを作る手術
骨補填剤 10,800円 人工骨で骨を充填させます
all-on-4/6 ご相談ください 最小の本数でインプラントを入れる技術

all-on4/6のイメージ

20160301.jpg
 

オールオンフォー

総入れ歯をお使いの方や、多くの歯をなくした方のための最先端のインプラント治療法です。
All-on-4は奥のインプラントを骨のある部分へ斜めに埋め込むことにより
4本という最少の本数のインプラントで全ての人工歯を支えることに成功しました。
また、手術当日に歯を入れてその日から噛める即時負荷、即時機能を基本としております。
手術や費用の負担を必要最小限に抑えた新しいインプラント治療法です。
骨が少ないので手術ができないといわれた方、骨移植が必要と言われた方、手術の日から即日歯がないと困る方、 複数回の手術を避けたい方、入れ歯がどうしても気になる方にお薦めです。

オールオンフォーの特徴

  1. インプラント手術をした当日にインプラントで支える固定式の歯が入って噛めます。
    (手術後待つことがない)
  2. 下顎では4本、上顎でも基本的に4本のインプラントなので費用が安価で経済的。
    (通常最低インプラント8本被せ物12本作製)
  3. 4本のインプラントを支える骨があればよいので、骨を作る手術は不要。
    (骨を移植する場合手術が複数回、半年以上骨の定着を待つ必要があり)
  4. 失った歯ばかりでなく歯茎のふくらみも人工の歯で再現するので、美しい歯並びが可能
  5. インプラント本数が少ないので歯磨きや手入れが楽。
  6. ぐらぐらの歯や、部分入れ歯も手術当日まで使用でき、手術時に抜歯してインプラントを入れます。
    (症例によりますので、どの歯を残すのかなどは担当医と相談が必要になります)

従来のインプラント治療との比較

  従来型 all on 4
歯が入るまでのの期間 3~12か月 1日(当日に仮歯 最終的な上物は~日後)
手術時間 2時間~本数によっては何回かに分けて手術
上物まで含めた片顎の手術料金 300万~ 250万
骨を足す手術 必要があるケースが多い 多くの場合必要なし

インプラントQ&Aはこちら

休診日 日曜 / 祝日 042-559-4786
今すぐネット予約診療カレンダー
医院アクセス 診療カレンダー 無料の相談&要望窓口

このページのトップへ