HOME > 治療案内 > 歯科口腔外科

治療案内

歯科口腔外科

oral-surgery_img01.jpg 歯科口腔外科は、親知らずなどの抜歯などから、口の中や顎関節症などの顎(アゴ)に生じた病気などを治療する科目です。
親知らずの抜歯は顎の中を通る神経と近い場合、抜歯による麻痺やしびれを引き起こすことがあります。
当院では、神経に近い親知らずはCTを撮影して距離を確認して抜歯を行っています。

「顎が痛い」、「お口が開けにくい」、「口を開けると痛い」、「顎ががくがくする」という症状の場合、顎の関節に負担がかかり
顎関節症となっている場合があります。
 顎関節症は、痛みが強い場合投薬を行い、そののち関節の引っかかりや動きの鈍い所を運動療法で治療していきます。
顎の関節の負担が大きい場合は、マウスピースを作製し関節の負担を和らげる必要がある場合もあります。



埋伏歯(親知らず)の抜歯

埋伏歯親知らずの抜歯

顎関節症の治療

顎関節症の治療


休診日 日曜 / 祝日 042-559-4786
今すぐネット予約診療カレンダー
医院アクセス 診療カレンダー 無料の相談&要望窓口

このページのトップへ