HOME > 治療案内 > 歯科が苦手な方、嘔吐反射が強い方へ

治療案内

歯科が苦手な方、嘔吐反射が強い方へ

歯医者に行きたいけれど、なかなか足が向かない方
歯科治療にトラウマがある方や、嘔吐反射が強く治療が受けられない方へ

歯の本数がQOL(クオリティーオブライフ)に影響を与えること、そのためには予防治
 療、とりわけメンテナンスが大事なことは歯科の領域では常識となっています。
 
 しかし、来院される患者さんの中には、歯科治療にトラウマを持っているためできるだけ来院したくない方、治療は必要だとわかっているが過換気症候群(神的な不安によって過呼吸になり、その結果、手足や唇の痺れや動悸、目眩等の症状が引き起こされる心身症の一つ)や嘔吐反射(口唇、歯、舌に触れることで嘔気をもよおす方)のため必要最小限の治療で済ます方が多くいらっしゃいます。また、インターネットでの相談では、歯医者に行くのが怖いのでそもそも来院できない方からの相談も受けることがしばしばあります。
 
 もちろんこれらの方は、通常の治療後に苦しい思いをしてメンテナンスに通うことも難しいです。
 
  歯科恐怖症や嘔吐反射は心因的な原因が多く、「何をするのかの説明を事前にしっかり行う」「行動一つ一つの理由と意味を理解していただく」「痛みを伴わないように治療を行う」「恐怖感を和らげるよう、丁寧に、少しずつ治療をすすめる」「コツコツ治療を勧めれば発作が出ないと本人が自覚できるよう、慣れてもらいながら治療のハードルをさげる」ことで治療が可能になります。しかし、一度発作が出ると体調が落ち着くまで待つ必要があり、治療に時間がかかる事、慣れたといっても必要最低限以外の治療を避ける傾向にある事、その結果成人の7割以上が感染し、歯を失う一番の原因になっている歯周病の治療ができない場合や、入れ歯やブリッジ、インプラントなどによる失った歯の回復を試みず、結果としてどんどんと歯を失うことになってしまう場合も多いです。
 
 そこで、あきる歯科では歯科恐怖症や恐怖症とまではいかないまでも歯科へのトラウマから歯科医院への受診が難しくなっている方、必要性を感じつつも過換気症候群や嘔吐反射により歯科治療が困難な方へ向け、客観性のある口腔内環境の把握と治療の必要性を説明し、痛みの少ない処置を行うことで歯科治療のハードルを下げ、笑気による鎮静法を行い治療することで発作が出ない環境を作り、従来では治療が困難または、長い時間がかかっていた患者さんへの治療の提供を行っています。

恐怖症を和らげる痛みの少ない治療

歯科治療のおける痛みの原因は一つは麻酔の奏功が悪いこと、もう一つは麻酔自体の注射が痛いこと、クリーニングの超音波の振動や除石後の知覚過敏があります。

麻酔の奏功が悪いのは、すぐに病気に気が付かず病院に来るまでに悪化しており、急性の炎症を起こしている場合が多いですが、この場合は生理学的に麻酔が聞きにくいためある程度仕方がない状態になってしまいます。悪化するより前に早めに歯科医院を受診してください。

注射自体の痛みは、表面麻酔をしっかりと聞かせること、電動注射器でゆっくりと薬液を注入することでかなり緩和することが可能です。これだけでも全く痛くなかったといわれる場合もあります。

注射自体が苦手な方の場合は、水圧で薬液を注入する無針注射器「シリジェット」で麻酔を行うことも可能です。ワンプッシュで麻酔が効くため、注射針の刺入の痛みは全くありません。(水圧をかけるため、輪ゴムでぱちんとたたかれたような衝撃はあります。) 麻酔が効いていれば歯科治療中に痛みを感じることはありません。
sirijet.jpg

もう一つの、クリーニングの痛みに関してですが、あきる歯科では海外で「ペインレス」と呼ばれている超音波スケーラー機能と、パウダーを噴射することで歯の表面の着色やバイ菌の層を除去するエアフローマスターピエゾンを設置しています。エアフローマスターピエゾンのピエゾン機能は、歯石の無い場所や柔らかい歯垢には小さい力が働き、硬い歯石には大きな力を上げる制御機能が付いています。そのため、歯の表面や歯ぐきなどを傷つけずに済み、痛みが少ないクリーニングが行えます。チップ先端のブレもコンピューターにより制御していますので従来の超音波のように、先端のブレにより歯に突然強い力がかかり痛みを感じることもありません。
piezon.jpg

また、エアフローは水と微粉末を空気で勢いよく噴射しながら、歯の表面にこびり付いた着色(ステイン)を落としていきます。PMTC等の施術では入り込めないような歯のすき間の汚れにも効果的です。
air.jpg

笑気麻酔による鎮静法

どうしても恐怖心や、嘔吐反射が出てしまう方は、笑気麻酔による鎮静法でリラックスして治療を受けることが可能です。鼻マスクを装着していただき、酸素と笑気を吸入することで鎮静を行います。
5分程度で鎮静され、術後5分で通常の状態に回復します。 回復後の車の運転も問題ありません。
siko.jpg

笑気と酸素の吸入が可能。笑気による鎮静効果と健忘効果により治療のハードルの高い嘔吐反射や歯科恐怖症の方の治療が容易になります。 外科処置前や、歯科恐怖症、嘔吐反射、5歳以上のお子さん、血圧の上がりやすい方(循環器疾患の有病者)の治療に有効です。
禁忌 中耳炎治療中の方、2か月以内に眼科の手術を受けた方、妊娠中の方、鼻閉の方

初回 1080円
2回目以降 3240円

  笑気鎮静法には効きにくい方や酩酊感が苦手な方もまれにいらっしゃいます。一度体感してみて治療が楽に行えるようでしたら選択肢として考えてみてはいかがでしょうか?

休診日 日曜 / 祝日 042-559-4786
今すぐネット予約診療カレンダー
医院アクセス 診療カレンダー 無料の相談&要望窓口

このページのトップへ