HOME > 治療案内 > 矯正歯科(小児)

治療案内

矯正歯科(小児)

小児の受け口の治療

Before After
相談 無料
精密検査 30,000円
治療費 300,000円
調整料 3,000円
リテーナー
(後戻り防止の装置)
30,000円
小児矯正とは乳歯と永久歯が混在している7歳から12歳くらいまでを対象とした治療です。
この時期の成長をうまくコントロールしてあげることで抜歯の可能性を減らしたり、治療のゴールをより高くすることが可能になります。
永久歯が全部生えそろってからの矯正の場合、歯を並べるスペースを作るためにすべての歯を動かす必要が出る場合もありますが、成長時にうまくコントロールすることで矯正の期間を短くし、お子さんの負担を減らすことが可能になります。
この時期の治療は1本1本の歯を綺麗に並べるというよりは、しっかりした歯並びを作る土台作りが主な目的になります。
治療方法は基本的には大人と同じブラケット矯正で行います。
お子さんの場合は入れ歯のような床であごの骨の成長を促す「拡大床」や成長の弱いあごの骨を前方に引き出すフェイスクリブなど様々な装置を使用する可能性があります。
検査後、お子さんいあわせた治療計画をお話しします。

こんな状態は要注意!
叢生(歯並びの乱れ)
反対咬合(下の歯が上の歯より前方に来ている状態)
上顎前突(出っ歯)
開口(前歯が噛んでいない状態)


歯並びの乱れ、出っ歯、受け口を改善する取り外し式矯正装置プレオルソ(機能性顎矯正装置)

プレオルソ

適応年齢3-9歳

歯は、頬と舌と唇のバランスのとれた場所に生えてきます。
「プレオルソ」は 柔らかく、取り外しができるマウスピース型装置を使用して口の周りの筋肉のバランスを整えます。
筋肉が本来のバランスを取り戻すことで、歯並びを整え、口呼吸や舌足らずな発音、お口がぽかんと開いてしまうのを改善します。
取り外し可能でお家で使うだけなので、通常の矯正治療よりも不快感が少なく、小さなお子さんでも治療に入りやすいです。


特徴
  • 家にいるとき1時間程と、就寝時につけるだけでよい
  • シリコンのため痛みが少ない
  • 歯型を取る必要がないため小さいお子さんでもやりやすい
  • 既製品のため安価
  • 後戻りがしにくく、成人矯正が必要な場合も期間を短縮できる

唇の力が弱い場合や、舌がうまく動いてない場合歯並びは乱れてきます。プレオルソは装置をつけてトレーニングしてもらうことでこの筋肉のバランスを改善します。
また、顎の骨の成長を促すことで、歯が並ぶスペースを作ることができます。
ただし、ブラケット矯正(通常の矯正治療)のように厳密な左右対称の形をつくることは難しいため、仕上げにこだわる場合は、ブラケット矯正を併用する可能性があります。
その場合も通常の矯正治療より短い期間で治療が可能になります。
プレオルソ矯正装置は1年程度で交換になります。

プレオルソ ご料金

装置代108,000円
調整料1回 3,240円(3回程は1週間間隔、装置の使用に問題なければ3ヶ月ごと)

*1年経過で 装置の交換/1万円 が必要になります


反対咬合(受け口)の治療には"ムーシールド(機能性顎矯正装置)"

engagementchildren_img01.gif engagementchildren_img03.jpg engagementchildren_img02.jpg お子さんの反対咬合(受け口)の治療は、今まで「様子を見ましょう」ということがほとんどでした。
しかし、反対咬合のうち自然治癒する患者さんは全体の6%に過ぎません。
むしろ、そのままにしておくことで下顎が大きくなりすぎる、大きくなってから矯正を行う際に骨を切ったり歯を抜いたりする可能性が出ることなどから、自然回復の可能性が高い状態でなければできるだけ早めに治すという方向に変わってきています。

engagementchildren_img04.jpg engagementchildren_img05.jpg engagementchildren_img06.jpg
また、昔は小児に対する受け口の治療方法がないことから、歯が生え代わるまで待たざるを得ませんでした。
しかし現在では、マウスピース型の矯正装置『ムーシールド(機能性顎矯正装置)』を就寝時に使用することで反対咬合を改善することができます。
このムーシールドを使用することにより、反対咬合は永久歯が生えるまで待つことなく3歳児からの治療が可能になりました。

お子さんの歯並びでお悩みの方、是非ご相談下さい。メールでのご質問も、お受けしています。

無料の相談&要望窓口


治療費用:1症例につき54,000円 / 治療期間:1年間

材質 ポリメタクリル酸メチル(PMMA)
効能 反対咬合の治療を目的とした歯列矯正装置です。
ムーシールドを装着することで顎が正常に成長するように促します。
適応期 乳歯列期(3歳~6歳位)からの反対咬合に使用します。
永久歯が萌えてくる時期以降のお子さんにも、顎のサイズに適合したムーシールドを作成します。
使用方法 原則として就寝中に装着します。
装着に慣れるまでは日中にも使用することがあります。
装着は1年間が目安となります。

ムーシールドとは?

ムーシールドTMは、調布矯正歯科クリニックの柳澤先生が1983年に考案した低年齢児に使用可能なマウスピース型矯正装置です。 このムーシールドTMは、2005年1月、American Orthodontics社(米国)より世界で販売されるようになるなど、最近注目されている歯科矯正装置です(特許取得済)。

MFT(口腔筋機能療法)とは?

生活習慣の変遷に従い筋肉のバランスが崩れたことによる悪影響を改善するためのトレーニングです。

たとえば、硬いものをかまない、しっかり噛まないお子さんは歯の交換がうまくいかず永久歯が乱れて生えやすくなります。
また、上唇に力が入らない場合、歯が前に伸びてきて出っ歯になる場合もあります。
舌の動かし方がうまくいかないために発音がうまくいかないといった場合もあります。
指しゃぶりなどの習癖により歯が噛み合わない場合などもあります。

このような悪越境を及ぼす癖をなくし、筋肉のトレーニングを行うことで矯正治療なしで歯並びの乱れを改善したり、矯正治療の前段階として歯が並びやすくするための訓練を行っていきます。
筋肉のバランスが整えば、矯正治療後の後戻りも少なくなり、口呼吸によるアデノイドを防ぐことや、免疫力を向上することも可能になります。

休診日 日曜 / 祝日 042-559-4786
今すぐネット予約診療カレンダー
医院アクセス 診療カレンダー 無料の相談&要望窓口

このページのトップへ