HOME > 治療案内 > マウスピース矯正

治療案内

マウスピース矯正

マウスピース矯正(インビザライン)

当院ではいわゆるワイヤー矯正以外にもマウスピースでの矯正を行っております。
マウスピース矯正は透明で薄いマウスピースの力で歯を動かすため目立たず、ワイヤーよりも痛みが出にくく、食事や歯磨きの時には取り外しもできるため衛生的です。
1日22時間以上の装着で、ワイヤー矯正と同程度(2年~2年半)の期間で矯正治療が可能です。
これまでは永久歯列のみが対象でしたが、今では小児の矯正にも使用可能になりました。
すべての症例(歯並び)に適しているわけではありません。骨格のずれや抜歯を必要とするような難しいケースでは 対応できない場合もございます。治療可能かどうかはドクターが診断いたします。詳しくは矯正医にご確認ください。

マウスピース矯正(インビザライン)のメリット

  1. 審美性が高く目立たない(周囲に気づかれず矯正できる見た目に抵抗がある方も受け入れやすいです。)
  2. 取り外し可能(歯ブラシ、フロスが普段通りできるので虫歯になりにくい)
  3. 遊び・スポーツ時も安心(矯正装置によって転倒時や衝突時にお口の周りを傷つけることがありません)
  4. 通院回数が少ない(6週間から2ヶ月に1回)

光化学印象により従来の口腔内印象が不要になりました。

マウスピース矯正の注意点

1日22時間以上のアライナー装着が必要。食事の後にアライナーを装着し忘れる などして決められた時間(1日20時間以上)アライナーを装着しないと、矯正期間 が延びたり矯正結果に影響がでます。患者様と保護者の協力が最も重要です。

大人のマウスピース矯正 料金表

精密検査 30,000円
治療費 850,000円~
調整料 5,000円
リテーナー
(後戻り防止装置)
30,000円

お子様のマウスピース矯正 インビザライン・ファースト

インビザライン・ファーストは、混合歯列期(乳歯と永久歯の交換期)にある子どものためのマウスピース型矯正装置です。乳歯と永久歯が混在する時期の矯正治療で顎の大きさを広げると同時に、気になっていた前歯のねじれやガタガタ、隙間を閉じることも可能となりました。
1期治療では主に前歯の噛み合わせと歯並びを中心に治療し、その後永久歯列になる頃 までリテーナーを装着し、二期治療を行うかは再診断を行います。
適応条件:第一大臼歯を有し、切歯(乳歯もしくは永久歯)の少なくとも2歯が2/3以上萌出していること。また、少なくとも3/4顎に乳歯(C、D、E)または未萌出の永久歯(3、4、5)を2歯以上有していることが必要です。

お子様のマウスピース矯正 料金表

精密検査 30,000円
治療費 450,000円~
調整料 3,000円

このページのトップへ