HOME > よくある症状 > 「入れ歯が合わない」

よくある症状

「入れ歯が合わない」

スマイルデンチャー
金属床義歯
入れ歯が合わない原因は主に
①時間の経過とともに歯ぐきが徐々にやせて作ったときと歯ぐきの形が変わってしまった(入れ歯が落ちる、入れ歯が動く)
②入れ歯が苦手であまりつかってなかったため入れ歯と口の形が合わなくなった
③バネや床の素材が劣化してくっつきが悪くなった
④入れ歯自体がぶあついため、しゃべりづらい
の4つの場合です。

①②の場合は歯ぐきと入れ歯がぴったり合うように、入れ歯のあたるところを削り、入れ歯の裏打ちを張り替えて隙間を埋めることで治療することが可能です。(入れ歯があまりにも歯ぐきと合わなくなっている場合は作り直す必要がある場合もあります。)
③の場合は入れ歯自体を作り直す必要があります
④の場合。保険の入れ歯はプラスティックで作っているため、割れないようにどうしてもある程度の厚みが必要になります。
気になる方にはスマイルデンチャーや金属床義歯という保険の入れ歯の半分以下の厚みの入れ歯を作ることも可能です。


スマイルデンチャーなどはこちら


休診日 日曜 / 祝日 042-559-4786
ネット予約サービスは終了いたしました診療カレンダー
医院アクセス 診療カレンダー 無料の相談&要望窓口

このページのトップへ