HOME > あきる歯科ブログ > ブログ > 子供が歯医者が嫌いな理由

あきる歯科ブログ

< 新型コロナウイルス予防に口腔ケアもしっかりと  |  一覧へ戻る  |  意外と知らない歯ぎしりの作用 >

子供が歯医者が嫌いな理由

こんにちは、あきる歯科院長の濱窪です。

お子さんて歯医者が苦手な子が多いですよね? 当院でも待合室でなきだしてしまうお子さんがいらっしゃいます。
反対に、歯医者に来るのが楽しみというお子さんもいます。

何が違うのでしょうか?



一つは小さいうちに虫歯が大きくなってしまって、治療が痛かったのでトラウマになっている場合や
内科などの医科でいたかったので病院自体が嫌になっている場合です。

歯の治療が可能になるのは、痛みの少ない治療で、はやくて3歳半くらい、一度怖い目に遭うと小学校2年生くらいまで
治療が難しくなることも珍しくありません。

そのため、当院では低年齢のうちは完全に治すのではなく、進行を止めて成長してから治療するという方向で治療を行っています。

虫歯の治療は、

歯を削る→洗浄→接着剤の塗布→乾燥→樹脂を流し込む→光を当てて固める→かみ合わせの調整→研磨

と、やることが多く、虫歯の大きさによっては麻酔も必要になるため、ずっと我慢してお口を開けているのは
3~4際のお子さんには厳しいです。そして無理に治療をすれば唾液が術野に入って中途半端な治療になる可能性もあるからです。




もう一つは、何をやるのかがわからないので怖い場合です。

こちらは、歯医者は怖い場所ときいて怖がってしまっている場合もありますので、おうちの方も

「歯医者に治療は痛いよ!」とか「甘いものばっかり食べてると注射して歯医者で歯を削ることになるよ!」
など怖い場所だと思わせるような発言をしないようご協力ください。
怖がってしまうとそれだけで治療のハードルが上がり、5分で終わる治療に1時間かかるようなことが起こってしまいます。

また、できるだけ怖くないように当院では、「こういうことをやるよ」ということがわかるカードを作って説明するようにしています。



おくすりで はを しょうどく するよ


歯医者に来るのが楽しみというお子さんは、小さい頃から痛いことをしないで予防の処置だけで歯医者に来て、
治療のご褒美をもらったり、子供手帳にシールを貼ったりして、歯医者が楽しいところとになっている場合です。

治療のスムースに進みますし、おこさんも虫歯にならずに痛い思いをせずにすみますので、
お子さんが小さい時代こそ、できるだけ痛くないうち歯医者で予防処置にいらしてください。



カテゴリ:

< 新型コロナウイルス予防に口腔ケアもしっかりと  |  一覧へ戻る  |  意外と知らない歯ぎしりの作用 >

同じカテゴリの記事

新型コロナウイルス予防に口腔ケアもしっかりと

こんにちは、あきる歯科院長の濱窪です。

新型コロナ禍で大変な日々だと思いますが、歯医者としてお伝えしたいことがありまして今回はコロナというか
感染予防について。


まず、インフルエンザを予防するのには、歯磨きや口腔ケアに努めることが重要だという研究結果が出ています。


同じウイルスであるインフルエンザや風邪の場合、口腔ケアが不十分な場合歯垢(プラーク)がふえ、このプラークに含まれる細菌がプロテアーゼという酵素を出して、ウイルスが気道の粘膜から侵入しやすくなることがわかっています。

 
つまり、お口の中を不潔にしているとプロテアーゼの量が増え、インフルエンザや風邪の発症や重症化を招きやすくなるということです。


きれいなお口と汚れているお口と、どちらが菌が繁殖しやすいかイメージしていただければわかりやすいと思いますが、
風邪やインフルエンザ、新型コロナなどのウイルスでももちろん同じことが起こっているわけです。

2006年2月放送の「ためしてがってん」でも、歯科衛生士からの適切なケアで、介護施設のインフルエンザの発症率が1/10に抑えられたことが放送されました。

治療があって歯科医院に行くことがあるのならば口腔ケアを、自宅にいるのでも歯ブラシをしっかり行うだけで感染は抑えられる可能性が高いです。おうちでもお口のケアをしっかりやっていきましょう。

 


 


こんにちは、あきる歯科院長の濱窪です。

昨日は築地までイエテボリ大学のヤン・リンデ名誉教授の講演を聞きに行ってました。

リンデ先生は歯周病の権威であり、日本でもその功績から勲章を授与されている稀有なドクターです。
内容は歯周病治療の変遷からその根拠となるデータ、実際の症例に関するお話でした。

毎度歯周病の高名な先生のお話を聞いて思うのは、歯周病は治るという事です。
患者さんには歯周病だから仕方ないとあきらめている方も多いのですが、
歯周病治療は適切に検査と診断を行い、患者さん自身が治療しようと努力してくれるなら
治すことが可能です。もちろん20代の健康な状態に戻るわけではありませんが、
だんだん悪くなっていくという状態ではなく、セルフケアで歯茎の腫れや出血、痛みが起きないようにすることができる
状態に変えることは可能です。

今後も歯周病治療に心身に向き合っていきたいと思った1日でした。


スウェーデン式歯科治療のDVD発売

あきる歯科院長の濱窪です。

先日撮影したスウェーデン式歯科治療のドクター向けDVDが発売されました。